毒性ガスを吸って運ばれたについて

毒性ガスを吸って運ばれた

"工場での事故それは遠い昔、私が地方の工業
高校を卒業しある関西地区の、中企業の化学
工場へ就職しました。
その後確か4年程度経過した頃、ある化学
合成の反応を、合成釜で行った後その液体を、
別の密閉特殊タンクに移す作業をしたところ、
輸送パイプの繋ぎ目より、液体が漏れ出しました。
その液体には毒性が無いのですが、ガス体には
毒性がありまして、慌ててバブルを閉めましたが
一瞬遅く気分が悪くなり、多少頭がボーとする中
慌てて仲間に伝えました。
仲間と共に場所から離れまして、直ぐ上司と衛生
委員がきて救急車を呼び、病院に運ばれました。
病院では酸素呼吸をされながら、少なくとも丸一日
入院が必要とし、明日夕刻まで入院するようにと
指示受けました。
その間種々の検査も受け、結果は後日判明ながら
翌日退院できました。
後で友に聞くと運ばれる時、顔色が悪かったので
心配しましたとの事でした。
勿論、検査結果も異常ない連絡あり、ほ、としました。
後、問題の作業工程が改良され安全となりました。
今、思い出すと皆若い懐かしい友の顔が想い出され
ます。"

お役立ち情報まとめとなります

アルバイトや学生がお金を借りるにはどうするのかをやさしく解説したサイトになります。

お金についてもっと詳しく知りたい場合

アルバイトや学生がお金を借りるにはどうするのかをやさしく解説したサイトになります。